2009年09月27日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/27 No.503

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/27 No.503
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲です。

今回は、ある「ロマンス」タイプの女性の話をしましょう。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【4】「ロマンス」タイプは
       自分にある“美しさ”を誇ろう!

■―――――――――――――――――――――――――――■

こんな「ロマンス」の女性がいました。

彼女は声を低くしてぶっきらぼうなしゃべり方をする人
だったのですが、それが妙に浮いて見える。
かしこく見えないし、品も良くない……。

でも、お顔立ちは甘さがあり、体つきにも“美しい丸み”
があります。
動きの端々(はしばし)に、“くねり”や“流れ”があり、
地が「ロマンス」なのは確かです。
あとは、話し方だけの問題。

そこで、私は――

「あなたは人生のどこかで、あえて声やしゃべり方を
 そんなふうに変えたことがない?」

と聞くと、

「どうして分かるんですか!?」とびっくりされました。

話を聞くと、彼女は女子校に通っていたそうで、あまり
女性らしさを強調していると、いじめに合うかもしれない
ということで、あえて声を低くして、しゃべり方もぶっ
きらぼうにしていたのだそうです。

「もう、学校は卒業してしまったのだから、本来の
 あなたに戻しても良いのよ。むしろ、そのほうが、
 これからは生きやすくなるはずだから」

私のその言葉に頷いた彼女は、その後、ファッションだけ
でなく、話し方なども本来の「ロマンス」に戻したのでした。

後日談として――
「ロマンス」の地を出すようにして以来、やたらと男性に
モテるようになったり、やたらと親切にされることが多くて、
戸惑っている……とのこと。

よりどりみどりの模様で、結構なことですね (^_^;)


 - + - + - + - + - + - + - + - + -

このお客さまにも伝えたことなのですが――
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルデザイン

2009年09月23日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/23 No.502

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/23 No.502
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲です。


「ロマンス」タイプの人のなかには、
「あなたは『ロマンス』タイプです」
と告げると、戸惑う人がいます。
今回はそんなお話。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【3】「ロマンス」タイプは
       自分にある“美しさ”を誇ろう!

■―――――――――――――――――――――――――――■

「ロマンス」タイプの長所と言えば、“大人の色気”。

セクシーと言っても、けっして下品ではなく、むしろ
品の良い色気をかもし出せる人――
それが「ロマンス」タイプです。

たっぷりのドレープ感のある服や、ゴージャスな流れる
ようなデザインのもので、品のある甘さが引き立ちます。

女性でも男性でも「ロマンス」タイプの人が、自分の
長所を全面に出しはじめると、周囲の視線を集めること
でしょう。


 - + - + - + - + - + - + - + - + -

ところが――
そんなステキな「ロマンス」タイプのなかには、その
長所をあえて消そう消そうとしたがる人がいます。

わざとあっさりした服などを着たりして、“普通の人”
になろうとするのです。


「そのほうが楽だから」と言うのですが、実際はかなり
人生で損をしているはず……。

というのも、「ロマンス」タイプは、ちゃんとやって
いれば、どちらかというとチヤホヤされてもおかしく
ないタイプだからです。

“普通の格好”をしようとすると、普通になるどころか、
極端にヤボったくなってしまう危険性があります。

カジュアルでさっぱりした装いをしていると、なんだか
冴えなく見える人っていますよね?
そんな冴えない人は実は、「ロマンス」タイプかもしれ
ません。

甘くゴージャスな人が、さっぱりした直線的な装いで
いると、そうなってしまうんですね。


続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルデザイン

2009年09月22日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.164

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.164

     【公式サイト】http://1bestcom.com/

◇……………………………………………………………………………………
 ・「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」イメージコンサルティング
   の詳しい説明はこちら → http://bestcolorcom.com/

 ・バックナンバーはこちら → http://1bestcom.com/mail_mg/
◇……………………………………………………………………………………
【人物紹介】・香咲ハルミ……Best:color:coM イメージコンサルタント
      ・タカシ…… Best:color:coM 代表
      ・サキ……… コンサルタントの卵。もうしばらく聞き役。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 ■【2】優秀な生徒
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タ&ハ&サ「皆様、こんにちは」

タカシ「この号を発行する頃は、シルバーウイーク
    真っ只中だな」

ハルミ「でも、自分は仕事だって言いたいんでしょ?」

タカシ「そうなんだよ――Best:color:coM は、養成講座
    の真っ只中だね」

 サキ「前にも似たような話をしてましたよね」

タカシ「そうだったけ? なんかしょっちゅうボヤいて
    いるみたいに聞こえるな(苦笑)……べつに
    仕事があることをぼやく気はないんだけどね」

ハルミ「頼もしい後輩が生まれていく場面を見るのは
    いつも楽しいものね」

 サキ「香咲先生はいつも楽しそうですよね」

ハルミ「よく言われる(笑)」

タカシ「ということで、いきなり本題」

 サキ「いつも、いきなり……」

ハルミ「優秀な生徒について――」

タカシ「『優秀な生徒』云々というより、『受講生に
    望む姿勢』という感じの内容だよね、これ。
    相対的に同じことなんだけど」

 サキ「そうたいてき……」

ハルミ「サキさん、難しい言葉は考えないでおきなさい。
    優秀な生徒ということなら、まず、やっぱり、
    教科書を何回も何回も読んで、講座にくると
    いう人でしょうね」

タカシ「Best:color:coM 自慢の教科書郡だね」

 サキ「たしかに、あれはすごい」

ハルミ「教科書は、講座開催までの最大2ヶ月前に
    受講生にお届けして、読んでいただけるように
    しているの」

タカシ「何度も何度も教科書を読み込むことで、実際に
    講座が始まっても、授業の内容がすんなりと
    入ってくるのは確かだね。講座開催中にも何回も
    読み込んでいる人が多い」

 サキ「予習と復習が大事ってことですか」

タカシ「それから、もうひとつ大事なのは、講座中に
    ぼくたちが話している内容を、しっかりとメモ
    すること」

ハルミ「ああ、そうよね」
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| 【講座】養成講座について

2009年09月16日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/16 No.501

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/16 No.501
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲です。

本日、新総理大臣が選出されましたが、新総理・鳩山
由紀夫さんのPD(パーソナルデザイン)は――

「ロマンス」タイプです。

いかにも、お金持ちのお坊ちゃま然としている――
というか、夫婦で舞台劇を演じたりと、ナルシストな
感じもありますし、その方が自然です。

ちなみに弟さんの鳩山邦夫さんは「ファッショナブル」。
権力闘争の荒波をかいくぐる政治家らしい雰囲気が
あります。

兄弟でも、PDはまったく違うという良い見本ですね。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【2】「ロマンス」タイプは
       自分にある“美しさ”を誇ろう!

■―――――――――――――――――――――――――――■

PDにも、診断結果を受け入れられやすいタイプと、
ちょっと気おくれする人がでてくるタイプというものが
ある――という、お話です。


一番受け入れられやすいのは、「ナチュラル」タイプ。

よく見ると、日本のドラマや映画は、「ナチュラル」
タイプの登場人物が多いですよ。

といっても、俳優のPDと関係なく、ナチュラル系の
人物を演じさせているので、「グレース」や「ロマンス」
の人には、どうしても不利です。

実際、視聴率女王なんて言われる女優さんの多くは、この
「ナチュラル」タイプの人が多いです。


|・一昔前では、浅野温子さん、浅野ゆう子さんの
|  W浅野(懐かしい響き)……

|・ナチュラルの女王とも言える、山口智子さん……

|・その後の人気女優、松嶋菜々子さんや篠原涼子さん……

|・今や人気絶頂の、天海祐希さん……

|・そして、往年の人気女優、吉永小百合さん……


などなど。錚々(そうそう)たる顔ぶれですね。

自然体で美しく、かっこいい――そういうところが、
多くの人の目にとまるのでしょう。

テレビや雑誌がこんな感じですから、「ナチュラル」
タイプの人も、診断結果をすんなりと受け入れるよう
です。

 - + - + - + - + - + - + - + - + -

他のPDはどうかというと――
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルデザイン

2009年09月10日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/10 No.500

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 09/10 No.500
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲です。

とうとう、本誌も500号です。
でも、いつも通りお送りします。
(キリ番の回で毎回、同じことを言っているような気も
 しますが……)


■―――――――――――――――――――――――――――■

★「ロマンス」タイプは自分にある“美しさ”を誇ろう!

■―――――――――――――――――――――――――――■

PC(パーソナルカラー)には4タイプ――「春・夏・
秋・冬」とありますが、このなかでも特に「夏」という
診断は受け入れられやすいタイプです。

明るい(薄い)色、かつ、おだやかな(彩度の低い)
色が多いグループである「夏」は、ナチュラル感の
漂うカラーグループです。
日本人好みと言えるのかもしれません。

同じく明るい色グループである「春」も比較的、受け
入れられやすいのですが、「あざやか」なものを、と
いう部分で、すこし気おくれする人が出てきます。

(これはちょっと前に、本誌で特集しましたね)

「冬」の人のなかには、最初はとまどう人が多いです。
深く鮮やかなローズの口紅なんて、今どき、はやりま
せんからねえ……。

でも、「冬」の人が、その派手めに感じる口紅をつける
と、急に女っぷりが急上昇するんです。

(逆に、流行のナチュラルな口紅を付けると、オシャレ
 してない人に見えてしまう人が多い……)

「春」「冬」の人には、そのあざやかな色を使いこなす
ことができる自分の美しさに、自信を持ってほしいと
思っています。

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルデザイン