2010年06月27日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.185

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.185

     【公式サイト】http://1bestcom.com/

◇……………………………………………………………………………………
 ・「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」イメージコンサルティング
   の詳しい説明はこちら → http://bestcolorcom.com/

 ・バックナンバーはこちら → http://1bestcom.com/mail_mg/
◇……………………………………………………………………………………
【人物紹介】・香咲ハルミ……Best:color:coM イメージコンサルタント
      ・タカシ…………Best:color:coM 代表
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 ■【4】お客さんに断られるのを恐れないコンサルタント
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タ&ハ「皆様、こんにちは」

タカシ「営業のお話を続けているんだけど、今回は
    ちょっとした雑学的な内容になりそうだ」

ハルミ「前回、『お客さまは神さま』という言葉が
    あるわね、といった話をしたら、あなたは
    異論がある、ということだったわね」

タカシ「そうだね。そもそも『お客さまは神さま』と
    いう言葉は、誰が最初に言った言葉なのか、
    知ってる?」

ハルミ「江戸時代くらいの誰か、かしら?」

タカシ「『お客さまは神さま』と最初に言ったのは
    歌手の三波春夫氏だ」

ハルミ「三波春夫さんがよく言ってたのは知ってるけど、
    最初に言った人でもあったわけね」

タカシ「ただし、一般に使われているような意味で
    言ったのではないそうだ」

ハルミ「普通は『お客さまは神さまのように偉いので、
    どんなワガママも許される』といった感じの
    意味で使ってるわね」

タカシ「三波氏が言ったのは『芸能というのは神への
    お供えものだから、いつも、そういった神聖な
    気持ちで歌っている』という意味。つまり、
    観客を神と見立てて歌をささげているという
    意味だね。三波氏は元々、民謡から出てきた人
    だから、歌には神聖な意味も感じていたのだろう」

ハルミ「なぜか、それが客は神だから、ワガママを言って
    いい、という意味になって広がっているわけね」

タカシ「三波氏は、『店員に偉そうな態度を取る客に、
    どうして“さま”付けで呼ばれる資格があるものか』
    と言ってるそうな」

ハルミ「私の知っているかぎりでは、三波春夫さんって
    人にこびるイメージはなかったわね。」

タカシ「『自分が神と認めるのは、自分のステージに
    来てくれた人だけ』とも言っている」

ハルミ「上から目線ね……」

タカシ「関係ない話だけど、『参加することに意義がある』
    も意味が誤解されて広がってる。昔、紛争中
    だったある二国が無事にオリンピックに参加した
    ので、その時のオリンピックの会長がそれを
    褒めたものでしかない。参加できれば結果は
    問わないという意味ではない」

ハルミ「それは確かに関係ない話ね……」

タカシ「…………」

ハルミ「でも、『お客さまは神さま』の意味が誤解されて
    いる、というのは、ある意味、深い話よね」

タカシ「コンサルタントは先生と呼ばれる。お客さんより
    年下であっても、『先に生まれた人』のように
    振る舞う必要があるんだよね」
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| 【講座】コンサルタントの営業

2010年06月26日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 06/26 No.563

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 06/26 No.563
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲ハルミです。


ワールドカップが盛り上がっていますね。

前回大会のサムライブルーは、明るめの青。
今回のサムライブルーは、少し明度が押さえられている
(前より少し暗い色合いになってる)感じでしょうか?

もちろん、色の明るさの違いによって、「似合う・
似合わない」があります。

例えば、「冬」の私(香咲)は前回よりも、今回の
少し明度が落ちたサムライブルーの方があいます。


……スポーツのユニフォーム相手に、そんなことを
求めるのも、おかしな話ですけどね。

とにかく――
まずは、パラグアイ戦の健闘を期待しています。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【5】女性政治家の装い、悪目立(わるめだ)ちしてない!?

■―――――――――――――――――――――――――――■

前回、予告した、もうひとつの条件、それは――

「どんな服を着るにしても、
 メークをちゃんと『似合う色』で付けること」


メークは、とにかく影響力があるんです。

いくら似合う色の服を着ていても、メークを外すと、
目の輝きが消えてしまい、とたんに存在感が激減する
ことになります。

逆に、少しくらい似合う色から外れた服を着ていても、
メークの色があっていれば、かなり好感度があがります。


 - + - + - + - + - + - + - + - + -

ある元大臣(女性)がイエローベース系のスーツを着て
いらっしゃって、とっても……似合ってない……ことが
ありました。

しかも、スーツの色に合わせてか、オレンジ系の口紅を
つけていて、唇がキレイに見えませんでした。

見た目だけでは政治家の力なんて全てが分かるわけでは
ありませんが、見た目が変だと、いくらまじめな政治の
話をしていても、どうにも浮ついた感じに聞こえて
しまうのです。

イエローベースが似合っていないというなら、ブルー
ベースの人なのかもしれません。

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルカラー

2010年06月22日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 06/22 No.562

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 06/22 No.562
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲ハルミです。


選挙を前に、女性政治家のファッションについて、
という内容で進めているわけですが――

わざわざ4つの「季節」ごとのコーディネート例を
出しているのは、この内容が、

「紺のスーツの使い方」

に通じるものだからです。

政治家の話だけなら、
「派手にしたいのも良いけど、うまくやらないと、
 信頼感が薄れますよね」
で済む話ですものね (^^;)


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【4】女性政治家の装い、悪目立(わるめだ)ちしてない!?

■―――――――――――――――――――――――――――■

ということで、今回は、
「秋」「冬」の紺スーツ向けアンダーの話。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・「秋」:オイスターホワイトが「秋」の白。
     オイスター、つまり、牡蠣(かき)の身の
     ような、少し濁った黄色みのある白で、
     とってもシックでステキになります。

     少し濃いめのものなら――
     彩度が低いベージュやキャメル。
     ダークオレンジ(彩度の低い、濃いオレンジ)、
     マスタード(彩度の低い、からし色)も
     オシャレですよ。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・「冬」:前回も書きましたが、そもそも濃い紺色
     (ネービー)は「冬」にもっとも合う色。
     「冬」色に合わせれば良い……というだけの
     話なのですが……
     でも、一応、書いておきますね。

     普通に純白のシャツやブラウスでオッケー。

     ピンクを使いたいなら、鮮やかで輝くような
     薄いピンク(アイシーピンクと言います)。

     シルバー系やライトなグレー(白と黒以外の
     色が混じっていないグレー)もオシャレですよ。

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルカラー

2010年06月17日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.184

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.184

     【公式サイト】http://1bestcom.com/

◇……………………………………………………………………………………
 ・「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」イメージコンサルティング
   の詳しい説明はこちら → http://bestcolorcom.com/

 ・バックナンバーはこちら → http://1bestcom.com/mail_mg/
◇……………………………………………………………………………………
【人物紹介】・香咲ハルミ……Best:color:coM イメージコンサルタント
      ・タカシ…………Best:color:coM 代表
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 ■ ごあいさつ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タ&ハ「皆様、こんにちは」

タカシ「ああ……」

ハルミ「どうしたの?」

タカシ「まだ舌がヒリヒリする……」

ハルミ「あー、夕食にとった盛岡冷麺のせいね」

タカシ「盛岡の冷麺って辛いんだねえ。それとも、
    そういう店にあたったのかな……?」

ハルミ「あなた、辛いの好きじゃないものね。
    どちらかというと薄味好みの人だし」

タカシ「また、僕を、見た目は青年、中身は爺ちゃん、
    と言いたいんだな?」

ハルミ「そんなこと言ってないけど……ということで
    盛岡からお送りしています」

タカシ「メルマガは、盛岡だろうと南アフリカだろうと
    関係ないんだけどね……」


 ■【4】お客さんに断られるのを恐れないコンサルタント
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

タカシ「本題は営業のお話、第4弾です」

ハルミ「はっきりしない営業の仕方はダメだけど、
    かといって、やり方はもっとダメっていう
    話。押しつけると逃げるのは人の常、よね」

タカシ「とはいえ、営業するなら、多少の、あくまで
    多少のだけど、強引さがあれば、いろいろと
    楽なんだが、まあ、別に強引さがなくても
    やっていけるものだよ」

ハルミ「そうは思わない人が多いと思うけど。自分は
    口ベタだから、営業が苦手です……とか」

タカシ「口ベタな人でも、本の朗読はできるよね」

ハルミ「声に出して文章を読むことが、どういう関係が
    あるの?」

タカシ「営業ってのはさ、本の朗読みたいなものなんだよ」

ハルミ「また、訳の分からないことを言い出し始めるん
    じゃ、ないでしょうね」

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| 【講座】コンサルタントの営業

2010年06月16日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 06/16 No.561

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 06/16 No.561
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲ハルミです。


「女性政治家でも、普通にネービーのスーツで良いのでは?」
という話になっております。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【3】女性政治家の装い、悪目立(わるめだ)ちしてない!?

■―――――――――――――――――――――――――――■

ネービー……紺。
と一口で言っても、さまざまな種類があります。

定番のダークネービー、ライトネービー、ソフトネービー。
ほかにも、いろいろと……


とはいえ、一般的なダークネービーが得意なのは、
パーソナルカラー(PC)「冬」の人。

「春」の人には暗すぎる色ですし、
「夏」の人には、堅い感じになります。
「秋」の人には、顔色まで青くしてしまう色です。


 - + - + - + - + - + - + - + - + -

そこで、「冬」以外の「季節」の人が、公の場でダーク
ネービーを使う(使わないといけない)場合は、
どうすればいいか、というと――


まずは、アンダーに、それぞれの似合う色を配置することで
おぎなうとしましょう。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・「春」:シャツやブラウスに、明るめの色のサーモン
     ピンクを持ってきたりすると良いですね。

     クリームイエローやベージュ、アイボリー系
     などの定番色も使えます。

     少し派手めにするときは、明るいオレンジ色や、
     朱赤も使えますよ。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルカラー