2010年10月30日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 10/30 No.592

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 10/30 No.592
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

前回の続き――

「そもそも、どうして男性コスメが流行し損なったのか?」

ということで、同じ男性である Best:color:coM の代表に
尋ねてみました。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【2】男のメークは顔に泥を塗ること?

■―――――――――――――――――――――――――――■

「どうしてメークしたいと思わないの?」

その質問に対する、今年で三〇代半ば、うちの代表の
第一声は、


「君は僕がメークしてたら、どう思う?
 どうせ笑い転げるんだろ?」

まあ、そうかもしれませんねえ。

「当然ながら、はずかしい、というのが、男性メークに
 手を出したくない最大の理由かな、僕の場合は」

なぜ?

「考えてもごらんよ。メークしているなんて、同じ男に
 バレたら影でどんなアダ名をつけられるか、分かった
 もんじゃない」

なに、学生みたいなこと言ってるんでしょう、この人。

「学生、というか、社会人だから、なおさらなんだよ。
 いい大人の男が、メークに気を遣ってます、なんて
 とても言えない……。
 だいたい、海外じゃ男が眉を剃るだけでも、普通の
 男ではない、良くない意味で、という扱いになるん
 だよ。そもそもメークというのは――」

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| 男性へのコンサルティング

2010年10月29日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.194

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.194

     【公式サイト】http://1bestcom.com/

◇……………………………………………………………………………………
 ・「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」イメージコンサルティング
   の詳しい説明はこちら → http://bestcolorcom.com/

 ・バックナンバーはこちら → http://1bestcom.com/mail_mg/
◇……………………………………………………………………………………
【人物紹介】・香咲ハルミ……Best:color:coM イメージコンサルタント
      ・タカシ…………Best:color:coM 代表
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 ■【6】コンサルタントと体型・姿勢
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タ&ハ「皆様、こんにちは」

タカシ「『コンサルタントと体型・姿勢』――今回は
   『キュート・タイプ』のコンサルタント像に
    ついて、だね」

ハルミ「キュートの人って、ピョンピョンと飛び跳ねる
    ような軽快な動きや、ちょっとしたことに、
    大きく喜んだり、びっくりと跳ねたり……
    そんな子供のような動きでも、ある程度許される
    感じがするでしょ?」

タカシ「そうだね。キュートってくらいだから、その
    まんまキュートな動作が悪くない、っていう
    イメージかな。背が高くないタイプでもある
    から、お客さんにも威圧感を与えない。
    そういう点では、ある程度『すばやい動き』も
    許されるんじゃないかな?」

ハルミ「もちろん、コンサルタントという立場で人に
    ものを教える時は、キャッキャッしてばかり
    では、お客さまから『子供みたいで頼りない
    感じ』と思われるかもしれないわね」

タカシ「特に、僕のようなグレース・タイプの人間は
    そう思うかも」

ハルミ「すべてのグレースさんがそう思うと決めつけ
    られないけれど……なかにはそう言うグレース
    さんもいるわね」

タカシ「コンサルタントは『大人の女性』であるのだから、
    キュート・タイプの持つキュートな雰囲気が、
    子供っぽさになってしまっては、説得力がない」

ハルミ「でも、キュートの『可愛らしさ』というのは
    持って生まれたものだから、それを消そうと
    すると、かえって老けて見えたり、不機嫌に
    見えたりするだけなので、やっぱり態度で、
    自分の知性をお客さまに示していくべきよね」

タカシ「品や知性のあるキュートだっているしね」

ハルミ「むしろ、キュートらしい服装やメークで、
    先生として接したほうが、品や知性を表現し
    やすいのよ」

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| 【講座】コンサルタントの心構え

2010年10月26日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 10/26 No.591

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 10/26 No.591
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

前回まで、ずっと女性のメーク話でしたが、今回は
男性のメーク話をしてみようかな、と思います。

といっても、「男がメーク?」という思いもあるかも
しれませんし、あまり話が膨らむ内容でもないかも
しれませんが、適当におつきあいください。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★ 男のメークは顔に泥を塗ること?

■―――――――――――――――――――――――――――■

テレビや雑誌などのマスコミというものは、基本的に
スポンサーのコマーシャルという面が強いものです。

「こういうものが流行しています」と特集されていても
実際は、「流行させたい」スポンサーと、そこから
広告料を貰って宣伝しているマスコミとの関係がある
わけでして……
本当は全然、はやっていないものもあります。


私にも雑誌等から、記事を書きませんか、という依頼が
来ることもあるんですが、

「どこかの商品のタイアップ記事はお受けできませんが、
 よろしいですか?」

と返信すると、だいたい返事が返ってきません(^_^;

テレビにしろ雑誌にしろ、「スポンサーの商品を売って
くれない人」は不要なんでしょう。

商売(それで生活している)なんだから、当然の
「経済活動」と言っても良いのかもしれませんが……。


 - + - + - + - + - + - + - + - + -

――と、なんで、こんな話をつらつらとしているか、
というと、ちょっと前に、

「今、メークをしている男性が急増中!」
「これからは男もメークで顔を整える時代!」

なんて感じで男性コスメの「流行」がマスコミで
大々的に取り上げられていた時期があったのを
思い出したからです。
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| 男性へのコンサルティング

2010年10月21日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 10/21 No.590

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる 10/21 No.590
◇……………………………………………………………………………………◇

 「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」
  イメージコンサルティングの詳しい解説はこちら。
  http://bestcolorcom.com/

> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 ・本誌の全バックナンバーはこちら↓でご覧になれます。
  http://1bestcom.com/mail_mg/color/

◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆

皆様、こんにちは。
Best:color:coM イメージコンサルタントの香咲ハルミです。

――というわけで、目力(めぢから)特集、まとめ編です。


■―――――――――――――――――――――――――――■

★【7】目力流行(めぢからばやり)

■―――――――――――――――――――――――――――■

目力を出すために、アイメークに凝(こ)った結果、
「目の周りの力」ばかり強くなって、肝心の目は
コテコテアイメークの奥で縮こまってしまってる――

そうならないように、「どこまでやればいいのか」を
考えながらメークしましょうね、という話をして
きました。

(というか、これは本誌であらゆることについて
 同じことを言っているのですが)


目ではなく、アイメークの方が前に出てしまうと、
その人の知性が他人に見えなくなってしまいます。
まるでマネキンみたいになる人もいるわけで、
他人から軽くみられてしまいかねません。

婚活にしたって、本気ではない男性(もしくは、
本気になってほしくない男性)くらいしか寄って
こなくなるリスクも高まります。


目に生命力を表現するのが、本当の目力。
「目元のメークばっちりね」
ではなく、
「今日も目がキラキラ輝いてるね」
と言われるようになりましょうね!


 - + - + - + - + - + - + - + - + -

最後に、いつもメーク関係では言っていることですが、

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| パーソナルメーク

2010年10月18日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.193

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.193

     【公式サイト】http://1bestcom.com/

◇……………………………………………………………………………………
 ・「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」イメージコンサルティング
   の詳しい説明はこちら → http://bestcolorcom.com/

 ・バックナンバーはこちら → http://1bestcom.com/mail_mg/
◇……………………………………………………………………………………
【人物紹介】・香咲ハルミ……Best:color:coM イメージコンサルタント
      ・タカシ…………Best:color:coM 代表
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 ■【5】コンサルタントと体型・姿勢
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タ&ハ「皆様、こんにちは」

タカシ「前回の続き」

ハルミ「このテーマも長く続いてるわね」

タカシ「う〜ん、ちょっと早足で進めるか……」

ハルミ「じゃあ、前回は『ファッショナブル』と
   『ナチュラル』についてだったから、今回は
    まず『グレース』『フェミニン』からね」

タカシ「サクサクやってくれ」

ハルミ「『グレース』『フェミニン』のポイントは
   『とにかく品良く』というところに尽きる
    でしょうね」

タカシ「しずしず、と?」

ハルミ「しずしず、とまでは言わないけれど、ファッ
    ショナブル・ナチュラル以上に、落ち着いた
    動きが大事なタイプなの。ファッショナブル・
    ナチュラルのコンサルタントなら、たまに
    豪快な動きが出ても、そこにカッコ良さが出て
    くるんだけど、グレース・フェミニンの人では、
    ただ単に『雑な人』っていう印象を持たれて
    しまう危険性があるので、注意したいところね。
    首をキョロキョロしたり、大口開けて笑ったり、
    は、御法度」

タカシ「気取りすぎて、イヤミな感じに見られないかな?」

ハルミ「それが、このタイプには逆なの。ちょっと
    気取った感じにしたほうが自然でキレイなの。
    逆に、フランクな感じにしようとすると、急に
    キレイじゃなくなって『自分にかまわない人
    なのかな』なんて感じに見えてしまう。おもし
    ろいでしょ?」

タカシ「自分にかまってないように見えるコンサルタント
    に、『あなたの似合うデザインは――』とか
    言われても説得力ないか……」

ハルミ「気取ってる、っていうのは、相手を見下してる
    コンサルタントがそう見えるのであって、
    それは『グレース』『フェミニン』だから、
    気をつけましょう、というお話じゃないと思うの。
    他のタイプであっても、お客さまを見下して
    いては、『気取っててイヤな感じ』に見える
    でしょうし」

タカシ「だね。お客さんはコンサルタントよりも知識が
    少ない。こっちはプロなんだから当たり前の
    話なんだけど、そこを見下すコンサルタントや
    アナリストもいるかもしれない――が、コン
    サルタント側が、そういうお客さんに知識を
    渡し、技術で助けるのが自分の仕事だと理解
    して接していけば、『気取ってる』なんてこと
    には、ならないんだろうな」

ハルミ「次は『ロマンス』タイプね」

タカシ「セクシーな大人の女性タイプか……。あんまり
    セクシーさを前面に出して、身体クネクネ
    させるのは問題だねぇ……」
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 00:00| 【講座】コンサルタントの心構え