2010年10月18日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.193

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる  No.193

     【公式サイト】http://1bestcom.com/

◇……………………………………………………………………………………
 ・「口紅一本変えるだけで10歳若返る!」イメージコンサルティング
   の詳しい説明はこちら → http://bestcolorcom.com/

 ・バックナンバーはこちら → http://1bestcom.com/mail_mg/
◇……………………………………………………………………………………
【人物紹介】・香咲ハルミ……Best:color:coM イメージコンサルタント
      ・タカシ…………Best:color:coM 代表
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 ■【5】コンサルタントと体型・姿勢
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タ&ハ「皆様、こんにちは」

タカシ「前回の続き」

ハルミ「このテーマも長く続いてるわね」

タカシ「う〜ん、ちょっと早足で進めるか……」

ハルミ「じゃあ、前回は『ファッショナブル』と
   『ナチュラル』についてだったから、今回は
    まず『グレース』『フェミニン』からね」

タカシ「サクサクやってくれ」

ハルミ「『グレース』『フェミニン』のポイントは
   『とにかく品良く』というところに尽きる
    でしょうね」

タカシ「しずしず、と?」

ハルミ「しずしず、とまでは言わないけれど、ファッ
    ショナブル・ナチュラル以上に、落ち着いた
    動きが大事なタイプなの。ファッショナブル・
    ナチュラルのコンサルタントなら、たまに
    豪快な動きが出ても、そこにカッコ良さが出て
    くるんだけど、グレース・フェミニンの人では、
    ただ単に『雑な人』っていう印象を持たれて
    しまう危険性があるので、注意したいところね。
    首をキョロキョロしたり、大口開けて笑ったり、
    は、御法度」

タカシ「気取りすぎて、イヤミな感じに見られないかな?」

ハルミ「それが、このタイプには逆なの。ちょっと
    気取った感じにしたほうが自然でキレイなの。
    逆に、フランクな感じにしようとすると、急に
    キレイじゃなくなって『自分にかまわない人
    なのかな』なんて感じに見えてしまう。おもし
    ろいでしょ?」

タカシ「自分にかまってないように見えるコンサルタント
    に、『あなたの似合うデザインは――』とか
    言われても説得力ないか……」

ハルミ「気取ってる、っていうのは、相手を見下してる
    コンサルタントがそう見えるのであって、
    それは『グレース』『フェミニン』だから、
    気をつけましょう、というお話じゃないと思うの。
    他のタイプであっても、お客さまを見下して
    いては、『気取っててイヤな感じ』に見える
    でしょうし」

タカシ「だね。お客さんはコンサルタントよりも知識が
    少ない。こっちはプロなんだから当たり前の
    話なんだけど、そこを見下すコンサルタントや
    アナリストもいるかもしれない――が、コン
    サルタント側が、そういうお客さんに知識を
    渡し、技術で助けるのが自分の仕事だと理解
    して接していけば、『気取ってる』なんてこと
    には、ならないんだろうな」

ハルミ「次は『ロマンス』タイプね」

タカシ「セクシーな大人の女性タイプか……。あんまり
    セクシーさを前面に出して、身体クネクネ
    させるのは問題だねぇ……」

ハルミ「それもそうだけど、でも、ロマンス・タイプを
    表す表現に抜けがあるわよ。ロマンスの特徴は、
    セクシーで“上品”な大人の女性、だから」

タカシ「ここでも上品が入るわけか」

ハルミ「そう。グレース・フェミニンと同じように、
    ロマンスにも『品良く』が大事。品良く見え
    ない人は、ロマンスじゃないってこと」

タカシ「ロマンスには色気があるけど、それは品が
    あっての色気であって、『大人の女性』だから
    こその『美しさ』がある――ということか」

ハルミ「だから、いくら似合うといっても、コンサル
    ティング時に、胸元を大きく開けたドレスで
    診断、というわけにはいかないわよね。でも、
    他のタイプの人が着ると、だら〜っとした
    感じになりそうな、たっぷりのドレープがヒダ
    をつくってるようなカットソーでも、ロマンス
    の人には、品と大人の雰囲気が、うまく表現
    できてしまうのよね」

タカシ「逆にフォーマルにしようとしすぎると、さっき
    言ったように気取った感じになってしまう
    リスクがありそうだな。優雅に微笑んでるのが
    似合いそうだ」

ハルミ「グレース・フェミニンよりも崩したほうが、
    品が出る――なんて、おもしろいでしょ?」

タカシ「ほんとだよ。人のパーソナリティに宿っている
    タイプの違いってのは、奥が深いね」

ハルミ「『キュート』タイプについては次回です」

〜( 続く )〜

================================
◆編集・発行:Best:color:coM  ◆問い合わせ:info@1bestcom.com
◆解除・バックナンバー: http://1bestcom.com/mail_mg/
■本誌は[まぐまぐ]で発行しています。http://www.mag2.com/
================================
Copyright (C) Best:color:coM, All Rights Reserved.
posted by ベストカラーコム at 00:00| 【講座】コンサルタントの心構え