2018年01月23日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1020

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1020
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

今回も「外れるパーソナルデザイン」診断・男性編の
延長みたいな内容、第2弾です。

(このテーマとしては、下のサブタイトル欄のとおり
 第4回に当たるんですけどね)

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 * 男性の似合う服探しは女性のそれとは異次元の世界【4】
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

男性のパーソナルデザインには「ハイスタイル」という
タイプがあります。

簡単に言うと、女性での「キュート」タイプの男性版の
ことなんですが、「キュート」と言われると嫌がる
男性もいらっしゃるので「ハイスタイル」という名前を
付けた、ということなんです。

まあ、「名前が違うだけで中身は同じ」というくらいで
考えてもそんなに問題ありません。

では、何が問題か、というと、こちら↓


【「ハイスタイル」の男性をアクセサリーで
 飾りたてるのは× 】


女性の「キュート」さんなら、少しデザイン性の高い
アクセサリーなどがとても似合います。
(ただし、「あまり大きすぎないこと」と
 「たくさんつけないこと」が大事ですが)

これと同じような感覚で、「ハイスタイル」の男性に
デザイン性の高いアクセサリー……
つまり、目立つ物を使うと、

「ちゃらちゃらした変な不良」

みたいになってしまいます。

なにかしら特別な場でのコーディネートというなら、
まあ、許される場合もあるかもしれません。

でも「いかにも気取ってる風」に見られることが
女性以上にマイナスに働くのが男性社会です。

日本刀をスワロフスキーで飾るわけにはいかないように
男性を飾るアクセサリーは目立ちすぎないように
上品なコーディネートをしたいものですね。

 - + - + - + - + - + - + - + -

それにしても……今回の内容は少し攻めすぎていて、
電子書籍「外れるパーソナルデザイン」でこそ書くべき
と言えるような内容だったかもしれませんね。

――と言っていますが、実は次も少し攻めた内容を
予定しています。

しかも「外れるパーソナルデザイン」ではなく、
「外れるパーソナルカラー」診断・男性編みたいな
内容になりそうです。

ということで、また次回にお会いしましょう。
それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・大阪 3/9(金)、10(土) 10:00〜
・愛知 3/11(日) 10:00〜

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| イメージコンサルティング全般

2018年01月15日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1019

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1019
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

さて、年越しになりましたが「男性編」の続きを
お送りします。

そして、今回は――
「外れるパーソナルデザイン」診断・男性編の延長
みたいな内容です。

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 * 男性の似合う服探しは女性のそれとは異次元の世界【4】
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

男性をコーディネートする上で間違ったアドバイスを
しやすいのが、スーツの扱いです。

【 スーツを勧めていいのは「グレース」だけ? 】

「グレース」タイプの男性はたしかにスーツが似合う
と断言して良いタイプです。

これは上品な雰囲気を持っているので、フォーマルな
ものが合う、という意味ですね。

問題は――
「グレース」以外にはスーツだけでは似合わない、
と考えて、やたらと飾り立てたくなるコンサルタント
がいることです。

それどころか、「グレース」以外にはスーツは
薦められません、なんて言っていたコンサルタントも
いました……。

そもそも、女性にとってスーツなんてファッションの
1ジャンルにすぎませんが、男性にとってスーツは
スタンダードにしてメインファッションなんです。

むしろ、スーツにしておけばファッションなんて
考えなくて良い、というくらいの人すらいます。

実際、スーツ選びではデザインがどうこうと言うより、
値段やブランドでスーツ選びをする男性も多いですね。

このスーツに対する感覚が女性とは違うということを、
女性であるイメージコンサルタントのなかには忘れがち
な人もいます。

「グレース」以外のタイプの人にあえてスーツを
外していくやり方では、相手の男性も困惑していまう
でしょう。

スーツはどのタイプでも似合うものは格好いいんです。
「グレース」の専売特許ではないんです。

ぜひ、全てのタイプの男性に、その人に似合う格好いい
スーツを探してあげたいものですね。

(もちろん、職業の都合でスーツと無縁の男性もいます。
 そこは配慮しないといけませんが……)


さて次回は「外れるパーソナルカラー」診断・男性編を
お送りすることになりそうです。

それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・愛知(名古屋) 開催準備中

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| イメージコンサルティング全般

2017年12月15日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1016

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1016
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

男性は女性向けのコーディネートと違って、「華やか」
路線ばかりでは品が落ちる、という話を前回しました。

今回は、ではどうすればいいの、という話です。

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 * 男性の似合う服探しは女性のそれとは異次元の世界【3】
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

先に言っておくと、いろいろな模様が入ったデザイン性
の高いスーツなどが似合う人……もちろん、います。
――理論上は、ですが。

「理論上は」というのは、テレビタレントならともかく、
普通の男性がそんなデザインを職場で使っていると、
悪目立ちしてしまうからなんです。

「華やか」ではなく「ナヨッとた」感じに見えるのが
男性社会。そこはまさに戦場ですからね。

闘って勝つための鎧、それがスーツである、と言うと
大げさかもしれませんが、男性は「ひとふりの刀」です、
と前回言った理由はここにあります。

ですので、男性のコーディネートで考えるべき点は――

「華やかにする」のではなく、
「チープに見えないもの」を選ぶこと。

というのも、男性は「若々しさ」とか「キレイ」より、
「強さ」や「格好良さ」が優先されるのですから、
やたらと目立つポケットチーフを刺したりや、スーツ
の上からストールでロマンティックに――
なんて、普段からやるわけにはいきません。

もちろん、TPOによっては許されることもありますが、
職場中心の男性へのコーディネートを考えるにあたって
は、スッキリと凜とした男性像を作る助けになる服装
選びが必要です。

当然ながら、そこはそれぞれのパーソナルデザインに
よって似合うデザインの傾向は変わりますよ。

ただ、女性に対する時ほどガラリと変えてしまうと
「芸人さんのできあがり」になるので、ほどほどに
バランス良くしないといけない、ということですね。

もっとも……その「ほどほど」をしっかり勉強して
いないと、イメージコンサルタントであっても
変な男性を作ってしまう様子はたびたび見てきました。

男性と女性は違う動物ですから、女性である私たちは
「男性の世界」をしっかりと理解してアドバイスを
しないといけませんね。

――と、自戒を込めた締めの言葉でした。


さて次回は、そんな男性社会を甘く見ているコンサル
タントが誤診するパターンをいくつか紹介してみたい
と思います。

なんだか、ますます姉妹誌のほうでやるような内容に
なってきていますが、まあ、たまにはいいでしょう?

それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・愛知(名古屋) 開催準備中

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| イメージコンサルティング全般

2017年12月07日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1015

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1015
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

今回は、男性へのコーディネートでは、女性向けの
考え方でアドバイスしてはダメですよ。

――という内容で進めております。

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 * 男性の似合う服探しは女性のそれとは異次元の世界【2】
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

男性にコーディネートのアドバイスをする場合は、
女性にアドバイスする時とは違うアプローチが必要です。

女性の場合、少し華やかさを求めるアドバイスを
することが多いです。

もちろん、TPOや受診者さんの目的にあわせた
上での話です。

華やかといっても「豪華に着飾る」とは違いますよ。
「ステキにする」ということ。
「ステキ」って、それだけでもう華やかなんですから。

特に、華やかにしようと考えるあまり、品をうしなう
ようなことがあってもダメですね。

「華やか」から品が抜ければ、ケバケバしくなって
しまいますから、単に人と違う格好をさせればいい、
というような単純なものとは違いますね。

 - + - + - + - + - + - + - + -

さて、男性にもこの「品よく華やかに」というのは
忘れてはいけない大事なポイントではあります。

ただし、男性には「華やかに」だけでコーディ
ネートしてしまうと、気取った変な人物みたいに
なってしまう危険があるんです。

女性は「華やかでキレイに」を目指す――
お花のような存在ですね。

ですが、男性は「強くてカッコ良い」を目指す――
ひとふりの刀を思い浮かべてください。

華やかにしようと刀を飾り立てすぎると、
凜とした美しさはなりをひそめ、まるで子供の
オモチャみたいになってしまいますね。

ファッションも同じで、「華やか」ばかりを
追い求めて、ナヨッとして見えてしまうようでは
男性の「強くてカッコ良い」を引き出すのは
難しくなります。


ではどうすればいいか。
はい、それは次号につづく、ということで。

それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・愛知(名古屋) 開催準備中

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| イメージコンサルティング全般

2017年11月30日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1014

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1014
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

最近、20代の女性からの依頼がとにかく増えている、
という話を前回までしてきましたが、実は男性も
増えています。

男性の場合は、20代に限らず、全年齢層で増えて
います(もちろん、当社比ですが)。

実は本日も男性受診者さんへのお買い物同行でした。

こういう男性へのお買い物同行では、先にコンサルを
済まされ、買い物同行も受けられたことのある奥さまが
ご一緒されることもよくあります。

そして、ご主人の買い物同行で私がアドバイスする
内容を見て、多くの奥さまが

「なんだか香咲のアドバイスが自分に対するときとは
 傾向が違うなあ」

と感じられることがあるそうです。

その感じ方は実は正しいんですよ。

男性のコーディネートをアドバイスするときは、
たとえ女性と同じパーソナルカラー・パーソナル
デザインであったとしても、少しちがったアドバイスを
しなければならないのです。

ということで、今回は、
「男性の服探しは女性視点ではダメですよ」
ということで、こちら↓のテーマです。

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 * 男性の似合う服探しは女性のそれとは異次元の世界
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

う〜ん、ここまで書いておいてなんですが……

今回の内容も、姉妹誌の「センスが無くてもイメージ
コンサルタントになれる」で通用するような、少し
高等テクニックの部類になるかもしれません。

ま、コンサルタントでなくても、ご主人や彼氏に
アドバイスしたいときもありますよね。

そんなときには、今回の内容が役に立つかも
しれませんよ。

くわしくは次号にて。
それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・愛知(名古屋) 開催準備中

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| イメージコンサルティング全般