2017年11月21日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる No.390

○―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―○
 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる No.390

 【公式サイト】 https://1bestcom.com/
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/
 【話し手】香咲ハルミ:イメージコンサルタント
      タカシ:ベストカラーコム 代表
○―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―○

□ たとえばこんな受診者さま その2
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タカシ&ハルミ「皆様、こんにちは」

タカシ「今回は、前回の内容を承(う)けて『たとえば
    こんな受診者さま』をお届けします」

ハルミ「えーと、たとえばこんなコンサルタント、では
    なくて、受診者さま、ですか。そんなコーナー
    ありましたね。かなり前にやったような……」

タカシ「まあ、まだ、一回しかやってないコーナーだし。
    しかも、前回は 2014-12-12 の No.320」

ハルミ「3年越しですか……」

タカシ「こんなやりとり、最近、何回もやってるような
    気がする」

ハルミ「本誌も長くやってますからね。前の回は数年前
    だった、というのは多いですね」

タカシ「いつも言うけど、継続こそ力なり、だし」

ハルミ「はいはい。で、今回紹介する受診者さんって?」

タカシ「前回を承けて、と最初に言ったね」

ハルミ「ということは、政治家さんですね。といっても、
    政治に関わる受診者さんって、いろいろいらっ
    しゃいますけど」

タカシ「まあ、そうだね。ここはやはり派手に大臣
    クラスの人、ということで、当講座卒業生
    コンサルタントの受診者さんの話をしたい」

ハルミ「あー。具体的に、あの人! って分かって
    しまうので、かなりぼかしていかないと
    いけませんよ、それ……」

タカシ「それはもちろん。それに大臣だったのはかなり
    前のことだしね」

ハルミ「ちなみに、その受診者さんは『派手な大臣』
    ではありませんでした」

タカシ「というより、後援者の人たちから『うちの
    先生、地味だからなんとかして』と依頼が
    あったそうだね」

ハルミ「ええ、問題は本人が望んで受診したわけでは
    ないことだったわけです。その元大臣さん、
    テレビなどで見るととても腰が低くて温和な
    感じなのに、会ってみると他人の言うこと
    なんて全然きかない、というタイプだった
    そうです」

タカシ「つまり、診断結果を受け入れなかったわけか」

ハルミ「秘書さんや後援者のかたがたは、コンサル
    タントの診断結果に『すごい、すごい!』と
    盛り上がっていたそうだなんだけど、当人
    だけは、どこ吹く風でニコリともしなかった
    から、そのコンサルタントは、内心怖かった
    と言ってました(苦笑)」

タカシ「男性受診者さんって、女性受診者の多くの
    ように大きな反応を見せてくれない人が多い
    からね」

ハルミ「たとえ反応がなくて、むしろムスッとして
    いるのかな、と思えても、実際は真剣に
    こちらの話を聞いていくれているだけ、
    ということも多いんです」

タカシ「まあ、その後輩コンサルタントも当時は
    まだ新米に毛が生えた程度だから、場数も
    踏んでない状況だし、大臣にムスッと
    されたらびっくりするのもしかたないかな」

ハルミ「実際、この受診者さんは内心でもムスッと
    していたわけで、後日、テレビで見かけたら
    以前の地味なままの格好だった、という
    ことで、がっくりした、とコンサルタントは
    言ってました(苦笑)」

タカシ「うーん、これって失敗例だね」

ハルミ「診断そのものは問題ありませんね。ただ、
    診断結果を受け入れるかどうかは、お客さま
    次第で良いと思います。ファッションって本来、
    自由なものです。似合う物だけを着なくては
    いけないというものでもないし、おしつける
    必要もないですからね」

タカシ「その元大臣も、それでいいというなら、コン
    サルタント側もその考えを受け入れる、という
    ことか」

ハルミ「もちろん、理想はちゃんとそういう人相手でも
    理解してもらえるように導いていくことでは
    ありますけどね」

タカシ「まあ、そこはお客さんもいろいろ、だしね。
    素直な人もいれば意固地な人もいる。それを
    否定するのは傲慢というものだろうし」

ハルミ「イエスマンだけがくるわけではないですね。
    だから、客商売はおもしろい、と思いますよ。
    さまざまな個性のお客さまを見られるのが
    イメージコンサルティングの醍醐味だと
    考えたいですね」

〜( 続く )〜

>● イメージコンサルタント養成講座のご案内
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東では、柔軟な日程で開催しています。
> くわしくは→ https://1bestcom.com/Schedule_ex.htm

 17/12-18/1 東京(ベストカラーコム・スタジオ):
     12/9(土)、16(土)、23(土・祝)、1/7(日)、14(日)、20(土)
 2018/1-2 東京(ベストカラーコム・スタジオ):
1/21(日)、28(日)、2/3(土)、4(日)、10(土)、11(日)

・ベストカラーコムはコンサルタントの“職人”技術を伝えて
 いきたいと考えています。詳細は → https://1bestcom.com/

□============================□
[著作・発行] ベストカラーコム [mail] info@1bestcom.com
[登録・解除] https://1bestcom.com/mail_mg/ (まぐまぐ:132876)
□============================□
posted by ベストカラーコム at 19:00| 【講座】例えばこんなお客さま

2017年11月14日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1012

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1012
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

ここ数日、関西や愛知へ出張行脚(あんぎゃ)でしたが
その間、「先生は本当に元気ですね」と言われ続けました。

いつも言われることなんですけどね。
20代の人にもよく「先生は私の母どころか、私より
元気です」という感想をよくいただきます。

「20代の若いかたからの診断依頼が増加中!」
という今回のテーマですが、若い人たちの元気を
貰ってイメージコンサルタントは、ますます元気に
なっていくのでしょう。

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 * 20代から始めるイメージコンサルティング【2】
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

さて、前回の続きです――

若い頃は「肌つや」という武器でパーソナルカラー
以外の服でも、高得点で着られることもある、
という話を前回しました。

しかし――お肌の曲がり角とも言われる30代……

パーソナルカラーの服は高得点のまま使えるのですが、
そうではない物はどんどん得点が下がっていき、
日々、差が開いていくことになります。

若い頃のように好き勝手に服を着てもパッとしない
と感じることも増えてきて、いよいよイメージコン
サルティングが必要と強く意識しはじめる時期が
やってきます。

だから、30代なかばくらいからの年齢の受診者が
多いわけですね。

 - + - + - + - + - + - + - + -

なお、還暦をこえてくると、今度は自分の健康面の
ことに気を取られていき、オシャレへの高い意識を
維持できなくなる人も多いです。

他人にどう見られるか、を意識しつづけるのが
オシャレ。この他人に対するイメージアップを
追い続けることは、健康面にもかかせないものの
ひとつだと思うのですが……。

 - + - + - + - + - + - + - + -

さて話を戻して――

では、80点で他の『季節』の色も使え、健康面の
不安もないという20代の女性には、まだイメージ
コンサルティングが役に立つ点はないということ
なのでしょうか?

もちろん、答えは、
『若くてもイメージコンサルティングは充分に
 役に立つ!』です。

むしろ若いうちにイメージコンサルティングを受診
すると、人生における大きなメリットがたくさん
出てくるんですよ。

――次回はそのメリットについて紹介しましょう。

それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・岩手(盛岡) 11/24(金)、25(土) 11:00〜
・愛知(名古屋) 開催準備中

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| イメージコンサルティング全般

2017年11月06日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1011

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1011
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

最近は20代の若い女性のかたからの診断依頼が、
かなり多くなっています。

それどころか、10代の受診者さんも増えていますね。
親に勧められたわけでもなく、自分の意志で受診に
来られる10代のかたまでいらっしゃいます。

まあ、なんにせよ、この調子で若いかたがたにも
イメージコンサルティングへの理解が広がっていけば
うれしいことですね。

ということで、今回のテーマはこちら↓

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 * 20代から始めるイメージコンサルティング
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

20代のかたにも広がれば良い、と言った早々に
次のように言うのもアレですが……

実のところ、若いうちなら、そこまで厳密にパーソ
ナルカラーにこだわらなくても問題ない、と私は
考えています。

実際、受診者さんの年齢層で見てみると、30代の
なかばあたりからの受診者の数が増えてくるのも
事実です。

そもそも――

若い人は肌つやがあって、パーソナルカラー以外の
色を使ってもある程度は使ってしまえる、と以前、
本誌でもお伝えしました。

パーソナルカラー以外でも、持ち前の肌つやで
80点だったり70点代だったりで使えてしまえる。

……これって似合っていないとまで言い切るのは
どうかというくらいの高得点ですよね。

無理にイメージコンサルティングを受けなくても、
若いというだけでやっていける『強さ』もある、
というわけです。

しかし、それは長くは続かないのです。

――というところで次回に続けたいと思います。
それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・大阪    11/11(土)、11/13(月) 11:00〜
・兵庫(姫路) 11/12(日) 10:00〜
・岩手(盛岡) 11/24(金)、25(土) 11:00〜
・愛知(名古屋) 開催準備中

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm
続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| イメージコンサルティング全般

2017年11月05日

センスが無くてもイメージコンサルタントになれる No.389

○―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―○
 センスが無くてもイメージコンサルタントになれる No.389

 【公式サイト】 https://1bestcom.com/
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/
 【話し手】香咲ハルミ:イメージコンサルタント
      タカシ:ベストカラーコム 代表
○―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―○

 □ たとえばこんなコンサルタント その13
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タカシ&ハルミ「皆様、こんにちは」

タカシ「今回は『たとコン』です」

ハルミ「なにそれ?」

タカシ「いや、だから、『たとえばこんなコンサル
    タント』だよ。前も聞かれたよ……」

ハルミ「略す意味が少し分からないんです……
    で、今回の人はどんなかたですか?」

タカシ「先日、衆議院選挙があったよね?」

ハルミ「ええ、蓋を開いてみたら、何のことはない、
    という結果でしたが」

タカシ「まあ、選挙の結果はこのメルマガと関係ない
    ので横に置いておくよ」

ハルミ「そうですね。では、今回は『たとコン』です
    から、政治家さんがコンサルタントになった
    例を紹介しようというわけですか?」

タカシ「そのとおり。といっても、元政治家というべき
    なのかもしれないが」

ハルミ「そもそも政治とイメージコンサルティングって
    けっこう関係があるものなんですよね」

タカシ「アメリカのケネディが大統領になったときの
    ように『良いイメージ戦略を打ち出して勝つ』
    というのは、昔からあったね」

ハルミ「イメージの悪い候補者さんは、どれだけ仕事の
    できる人だったとしても勝つのは難しいですね」

タカシ「特に最近は、浮動票が風、つまりイメージに
    乗って投票されて政権も変わる、というのが
    日本でも続いたしね」

ハルミ「イメージコンサルタントとしては、イメージの
    力が選挙結果を左右することがあるのは、
    当然のことと思っています。というか、それ
    くらいの思いがあるから、イメージコンサル
    タントなんて名乗っていられるのかも」

タカシ「良いか悪いかは別にして、イメージの良い側が
    勝つ、もしくはイメージの悪い側が負ける――
    現実的な話としてそうなってるかな」

ハルミ「だから、イメージの力を使いたい政治家だった
    人が講座にやってくることもあるわけですね」

タカシ「元政治家とも言えるし、現役の政治活動家とも
    言えるんだろうけど、ベストカラーコムの
    卒業生にはそういう経歴の人もいる」

ハルミ「あるかたは、政治に関する後進を育てたいと
    いう思いでいらっしゃったので、イメージ
    コンサルタントになりたいわけではなかった人
    でした」

タカシ「選挙で落選してしまったのでイメージコン
    サルタントの道を目指す、という人もいたね」

ハルミ「人それぞれ、目的はさまざまにありますから」

タカシ「政治家って他人からまつりごとの責任を
    託された人たちだけど、イメージコンサル
    ティングを学んで、それをどう活かすかは、
    その人の考え方しだいで良いと思う」

ハルミ「どういう道を進むにしても、この技術が
    活かされるのであれば、講師をつとめる私たち
    としては、うれしいことですものね」

〜( 続く )〜

>● イメージコンサルタント養成講座のご案内
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東では、柔軟な日程で開催しています。
> くわしくは→ https://1bestcom.com/Schedule_ex.htm

 17/12-18/1 東京(ベストカラーコム・スタジオ):
     12/9(土)、16(土)、23(土・祝)、1/7(日)、14(日)、20(土)
 2018/1 東京(ベストカラーコム・スタジオ):日程調整中

・ベストカラーコムはコンサルタントの“職人”技術を伝えて
 いきたいと考えています。詳細は → https://1bestcom.com/

□============================□
[著作・発行] ベストカラーコム [mail] info@1bestcom.com
[登録・解除] https://1bestcom.com/mail_mg/ (まぐまぐ:132876)
□============================□
posted by ベストカラーコム at 19:00| 【講座】例えばこんなコンサルタント

2017年10月28日

センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1010

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
センスがなくても似合う色を使いこなしてキレイになる No.1010
 【公式サイト】 https://bestcolorcom.com/
> ↑「キレイになるための秘訣マニュアル」無料 進呈中 ↑
 【バックナンバー】http://bestcolorcom.sblo.jp/

>書籍「続・外れるパーソナルデザイン」発売中
   https://1bestcom.com/book/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

皆さま、こんにちは。
ベストカラーコム イメージコンサルタント 香咲ハルミです。

間にお知らせをはさみましたが、「似合う色」を
どうやって好きになればいいのか、というテーマの
締めの回をお届けします。

□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□
 *「似合う色」を好きになれない人たち【4】
□・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□

「似合う色」を好きになれないなら、慣れるしかない。

――ということで前回は、少し無理してでも着てみると
変化が出てきますよ、と書きました。

周りが褒めてくれる、という気持ちの良い体験を
積んでいくことで、「似合う色」を好きになって
いけるでしょう。


そもそも、どの色(デザインも)を好きになるかは、
だいたい子供のころに家族や友達に褒められた、とか、
彼氏にステキだね、と言われた、とか、そういった
少し曖昧(あいまい)な理由が元になっていることが
多いようです。

気分が良くなる色(デザイン)をそのまま使っている
うちにお気に入りになっていただけ、ということも
多い。

だったら、今からでも遅くはない!
どんどん褒められて、これからは「似合う色」のほうを
好きになっていけばいいんです。

 - + - + - + - + - + - + - + -

さて、最後に、「似合う色」を好きになれない、
もうひとつの理由にも触れないといけませんね。

それは誤診されている場合の話。

こっちは好きになれないのは当然ですね。
そもそも「似合う色」ですらないわけです……。

医者にも名医もいればヤブもいますね。
同じようにコンサルタント選びも慎重に――
なんてコンサルタントの私が言うのもアレですが……。

できれば、受診者さんが真実の「似合う色」に
出会って、そして、その色を好きになってほしい。

そんな願いを持ってコンサルティングを続けている
香咲でございます。

ということで、今回はここまで。
それではまた――。

>●イメージコンサルティングの出張予定
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> 関東は下記以外でも随時 開催しています。
> ご希望があれば、お知らせください

・大阪    11/11(土) 11:00〜
・兵庫(姫路) 11/12(日) 10:00〜
・岩手(盛岡) 11/24(金)、25(土) 11:00〜
・愛知(名古屋) 開催準備中

・個人での申し込みや自宅開催希望なども、
 気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】→ https://bestcolorcom.com/order.htm

続きを読む
posted by ベストカラーコム at 19:00| パーソナルカラー